アゴニキビは肌荒れのサイン

アゴにニキビが肌荒れサイン。

普段、肌荒れはあまりしないタイプで、ニキビも思春期ニキビで悩まされたことがないのですが、20代になって時々アゴににきびのような吹き出物が出来るようになりました。初めは気にしていなかったのですが、何度か繰り返し出てくるうちに、あることに気が付きました。

 

それが胃腸の不調です。アゴに吹き出物が出来たと同時に、下腹部辺りがモヤモヤした感じになったり、下痢ぎみになったり。胃がキリキリ痛み出すこともありました。

 

それに気が付いてからは、にきびを治すことよりも先に、胃腸を整えるようにすると、自然とアゴの吹き出物も治ってくるようになりました。ニキビだけを治そうと治療薬をいくら塗っても治りが遅く、しかも外に吹き出物が出てくるというよりは、皮膚の下で炎症を起こしているという感じなので、薬が効きづらいのです。

 

どのような仕組みなのかはわかりませんが、身体というものは良く出来ているなと感じます。もしかしたら、大きな病気になるのを防いでくれているのかもしれません。

 

そう思うと、アゴに出来る吹き出物を軽視できませんし、大事な身体の不調のサインとなっています。"
肌荒れアゴ